ブログ

出口のない会話に区切りをつけるノルウェー語表現

2017年「世界一幸福な国」に選ばれたノルウェー(来年はトップから陥落する可能性があるので、今のうちに連呼します)。
それでもノルウェー人にだって悩みはあります、愚痴りたくもなります。
9月の滞在中、日々の悩みや迷いを聞く機会はありました。デリケートな問題ですし、ノルウェー語でどう答えればいいのかこちらも「Hmmmm」と答えに窮しました。
そんな時、よく耳にしたこのフレーズ。

Men men

menは「しかし」を意味する単語です。men menは「しかし、しかし」が直訳になりますね。発音は「メンメン」でしょうか。パンダの名前には選ばれない語感です。

悩みや愚痴を吐露した本人が「もうこれ以上、こぼしてもしょうがないわね」との思いとともに、men menと使っている印象を受けました。

悩みはある?

思えば私もメールで使っていました。近況報告などで「骨折した、猫がなついてくれない、猫がベッドにおしっこをした」などひとしきり愚痴ってから、”men men”と区切りをつける意味合いで書いてましたね。日本語だと「もとい」が近いでしょうか?

Ja ja
Hei hei
Nei nei
Nam nam

などの繰り返しフレーズとともに、men menも語彙に加えちゃいましょう。
ループしている会話で気分一新、役に立ってくれますよ!

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

  1. You realize what Pastor Johansson informed us on Ѕunday is that God actually likes worship.
    Daԁdy аdded.

PAGE TOP