お知らせ

第80回「ノルウェーについて学ぶサロン」オンライン開催!(11/21)

お待たせしました!ついに「ノルウェーについて学ぶサロン」を開催します!
ゲスト講師は、青木の「アウトドア師匠」である多田聡さんをお迎えします。多田さんは2年間、北ノルウェーのトロムソ大学に在外研究で滞在されました。
そしてアルタの地で、Friluftslivを十二分に体験します。青木も2018年にアルタを訪れました(ブログはこちらから)。
ノルウェーに行かれない今、ノルウェーの大自然を満喫しませんか?ぜひお気軽にお申込み下さい。Velkommen!

日時:11月21日(土)14時~15時半(延長あり)
タイトル:「ノルウェーの自然と暮らし~野外教育学・多田聡先生の北極圏生活体験に学ぶ~」
ゲスト講師
多田聡さん
[プロフィール]
明治大学教授、元UiT(トロムソ大学)-ノルウェー北極大学客員教授(2017年-2019年)UiT: Universitetet i Tromsø- Norges arktiske universitet
日本野外教育学会理事、野外教育指導法、聴覚障害児・者の野外教育が専門
内容
ノルウェーのフィヨルドやオーロラの美しさは、みんなが憧れる風景でしょう。
ノルウェー人は自国の美しい自然環境には誇りを持ち、自然の中で、自然とともに過ごすことを自分たちの文化であると考えています。
そんな野外生活や野外活動をノルウェー語で「Friluftliv」(フリー・ルフツ・リーブ)といいます。
日本でもキャンプ、登山、スキーなどアウトドア活動が盛んですが、ノルウェーの野外生活は、研究対象になるほど独特なライフスタイルといわれています。それは他の北欧の国々と比べても特別です。

野外教育の専門家である多田聡先生は、この「ノルウェーのフリー・ルフツ・リーブ」について調査をするため、北極圏にあるトロムソ大学(アルタキャンパス)に2年間暮らされました。
今回のサロンでは堅い研究報告ではなく、多田先生が生活の中で体験したエピソードを写真や映像を使って、時間の許す限りお話しいただく企画です。

以下のような盛りだくさんの内容を予定しております。
 ・北極圏の白夜と極夜、そしてオーロラ
 ・山歩き(最高峰ガルホピッゲン、高層平原ヴィッダ、国の山ステーテン)
 ・散策(西ノルウェー巡礼旅、オスロやベルゲン周辺の散策)
 ・キャンプ(ロフォーテン諸島、ノールカップ、身近な森でなど)
 ・スキー、犬ぞり
 ・雪と氷の生活、焚き火と薪ストーブ
 ・生き物たち(動物、鳥、魚、植物)
 ・採集生活(釣り、ベリー採り、山菜とり、キノコ狩り、草木染め)
 ・編み物
 ・ノルウェー語カフェ
 ・出会ったノルウェー人
参加費:2000円(ノルウェー語レッスン受講者割1500円)

詳細・お申込み→https://norwaysalon80.peatix.com/

ノルウェーについて学ぶサロン

PAGE TOP